身体構造(1)

《中級》

フィシオエナジェティックの身体構造クラスでは、全身における『可動性(動き)』と『弾性(柔軟性)』について、関節、組織、内蔵の付着部、頭蓋骨など全てについてみてゆきます。

可動性については、身体のその他のレベルにおける機能にとっても重要です。

例えば、関節の動きに制限があり、筋肉が硬直している場合、深部の内蔵への血流の流れを阻止してしまい、自律神経の機能に障害を与えるため、体内の生体化学物質に障害を与えます。

身体レベルにおける制限は、感情や先進レベルでの制限を引き起こす原因にもなり、経絡の『氣』の流れをブロックしてしまいます。文字通り、身体レベルの問題が引き金となって、その他の層においての健康を損なってしまうのです。

フィシオエナジェティック身体構造(1)(2)の講座では、身体を健康に維持するカギである「身体」の可動性を回復させるための、優しくてソフトな手技テクニックをお教えします。

主な内容

*体性機能障害(Somatic dysfunction)とその治療モデル
*身体構造をテストするためのツール
*骨盤(仙腸関節、の関節受容器、仙骨、腰筋、梨状筋、恥骨)の関節レセプター(受容器)
*胸郭出口症候群
*第一肋
*後頭骨、環椎(第1頚椎)、軸椎(第2頚椎)
*裂孔ヘルニア
*回盲弁

PAGE TOP