ウィーン本部

『ウィーンスクールオブオステオパシー』は医師、歯科医師、獣医師、理学療法士、針灸師といった、医療系の4年生大学を卒業し、すでに学士課程を修了している医療従事者が入学する7年生の学校です。

ドクターofオステオパシー(D.O.)になるために勉強するポストグラジュエートスクールで、卒業すると修士号およびドクターとしての国家試験を受験する資格が授与されます。

身体構造、頭蓋、内臓オステオパシー、をはじめ患者さんのニーズに合った幅広い総合的ホリステック治療法やコンセプトを、7年間かけて修得する事ができるオステオパシー学校です。

講師陣には内臓マニュピュレーションのジャンピエール・バラルD.O.やトム・シェイバー M.D.などの大御所の他にもDr.サージ・カヒリの自然治療など、エキサイティングな授業内容で羨ましい限りです。

オステオパシーの7年間プログラムと、フィシオエナジェティックのオペレーションはまったく別に行なわれており、本部では『フィシオエナジェティック』のみで1年間の資格取得コースになっております。

地元オーストリア人だけでなく、フランス、ドイツ、スイスなど、ヨーロッパ近隣国から通う受講生達も多数在籍しています。

場所は、オーストリアのウィーン市内「シェルブルン宮殿」のすぐ近くにあります。「シェルブルン宮殿」は、700年間にわたって栄華が続いたハプスブルグ家の繁栄を物語る美しい夏の離宮です。

「シェルブルン宮殿」を訪れた観光客でにぎわう駅周辺から、宮殿とは逆方向に閑静な住宅地を5分ほどで歩くとスクールにつきます。

白い校舎は、大きな施設なのに住宅街の一角にあっても威圧感を感じない佇まいで、小鳥のさえずりが響く非常に気持が良い静かな地域です。

綺麗にリノベーションされていますが、その昔はドイツ軍が国家活動に利用していた歴史のある建物なのだそうです。(校舎の画像はこちらのページにあります)

習得したい方へ(Pro)

はじめての方へ(一般)

PAGE TOP