フィシオエナジェティック紹介


(ドイツ語のみ)

人の自然治癒力を最大限に高める自然療法

『フィシオエナジェティック』は、Van Assche式アームレングス反射テスト(AR)を使った、画期的な検査により手順を見つけて施す自然療法です。不快症状の隠れた原因を探し、そのときに最も有効なトリートメントを導きだします。

すべて【バイオフィードバック】方式で行い、機械や装置は使いません。

反射区やテストアンプルなどの様々な入力を通して、人体システムと対話をしながら進められます。(身体構造、生体化学、精神心理、体内情報)のうち、どの層に問題があるのか?局所化していき、どの治療から先に優先して行うべきか?を見つけてから、トリートメントに取り掛かります。

植物療法、鍼治療、反射療法、オルソ分子栄養療法、同種療法、オステオパシーなど手技療法、数ある方法の中でどれが「今」一番必要とされているのか?をテストで見つけることができます。これにより、全体的(Holistic)な観点からクライアントに施療するための可能性が広がります。

代替医療 / 補充医療は、西洋医学と互いに補い合いながら行われるものです。
病気や体調不良の時は病院で検査の上で、自然療法を始めることをお勧めします。

フィシオエナジェティックはどのように使われますか?

フィシオエナジェティックでは、”AR”とも呼ばれるRaphael Van Asscheが開発した『生体フィードバック(反射)』を使います。検査中、クライアントは通常仰向けになり、腕を上後方へ伸ばします。施術者は腕をソフトに伸ばして判断してゆきます。

このテスト手順は、「施術者」と「クライアントの体」との対話のようなものです。施術者は、特定の臓器、投影ゾーン、反射点、テスト物質、これらを使って身体へ質問をしてゆきます。

このように、画期的なテスト手順によって、体調不良や不快症状の “隠れた原因” を明らかにすることが可能です。特に慢性疾患をもつクライアントのケースでは、多くの異なるレベル(層)に問題が折り重なるように関与していることがあります(多因果性)が、正しいテスト法によって、正しい順序で、最も適切な治療法で、トリートメントを提供することができます。

精神的な要因や心理的原因、生体化学的な問題、身体構造の問題、は常に見受けられます。施術者の技能に応じて治療方法も違ってきますが、ホメオパシーから薬草、ビタミン、微量元素、鍼治療、オステオパシー、神経治療、エッセンス、栄養ガイドラインまたは心理療法にまで及びます。

不快な症状があるときに、原因を調べたり、予防という意味でのテストも有用です。

習得したい方へ(Pro)

はじめての方へ(一般)

PAGE TOP