Close
lock

Account Login

Seminar-オーストリア学校

この「フィシオエナジェティック」は、オーストリアに所在する
『ウィーンスクールオブオステオパシー』の一部プログラムとして
世界に発信され、広がっている画期的な代替医療トリートメント技術です。
(Wiener School of Osteopathy) ドイツ語

『ウィーンスクールオブオステオパシー』は医師、歯科医師、獣医師、
理学療法士、針灸師といった、大学を卒業しすでに資格取得している
医療従事者が入学する7年生の学校です。
国家試験を受験しドクターofオステオパシー(D.O.)になるために勉強する
ポストグラジュエートスクールです。

身体構造、頭蓋、内臓オステオパシー、をはじめ患者さんのニーズに合った幅広い
総合的ホリステック治療法やコンセプトを7年間で修得する事ができる
オステオ パシー学校で、講師陣には内臓マニュピュレーションのジャンピエール・
バラルD.O.やトム・シェイバー M.D.などの大御所の他にもDr.サージ・カヒリの
自然治療などエキサイティングな授業内容で羨ましい限りです。

オステオパシーの7年間プログラムと、フィシオエナジェティックのオペレーション
はまったく別に行なわれており、フィシオエナジェティックはそれのみで
1年間の資格取得コースになっております。地元オーストリア人だけでなく、
フランス、ドイツ、スイスなど近隣国から通う受講生達もいるそうです。

場所は、オーストリアのウィーン市内「シェルブルン宮殿」のすぐ近くにあります。
「シェルブルン宮殿」は、700年間にわたって栄華が続いたハプスブルグ家
繁栄を物語る美しい夏の離宮です。

近くの道路では、こんな光景も日常的に目の当たりにします。
「シェルブルン宮殿」を訪れた観光客でにぎわう駅周辺から、
宮殿とは逆方向に閑静な住宅地を5分ほどで歩くとスクールにつきます。

白い校舎(一番上の写真)は、大きな施設なのに住宅街の一角にあっても
威圧感を感じない佇まいで、小鳥のさえずりが響く非常に気持が良い地域です。
綺麗にリノベーションされていますが、その昔はドイツ軍が国家活動に利用
していた歴史のある建物なのだそうです。