Close
lock

Account Login

Seminar-講師陣

■□■フィシオエナジェティック講師陣です■□■

日本でフィシオエナジェティックの指導にあたっている、講師のご紹介です。

———————————————————————————————————————————————————————–
ラファエル・ヴァン・アッシェD.O.  (Raphael Van Assche DO)

オーストリアに所在する『ウィーン スクール オブ オステパシー
(Wiener School of Osteopathy)』の創設者でありディレクター(学院長)。
ベルギー生まれ。現在はオーストリアのウィーン市内に在住。
ドクター オブ オステオパシー、フィジカルセラピスト(PE)。
フランスやアメリカでのオステオパシートレーニングのほかに、
中国南京で東洋医学や鍼灸も学ぶ。その豊富な知 識を統合し

ヨーロッパにおける治療家の第一人者として活躍中。
「フィシオエナジェテック」と「AORT(Autonome Osteopathische Repositionstechnik )」
の開発者。オーストリアをはじめ, ドイツ,スペイン, スイス,ロシア, メキシコ, アメリカ, チリ,
ブラジル,日本など、世界各地で講義を行っている。

【 著書】
「頭蓋骨システム」 (The cranio sakrale system)(デンマーク語/ドイツ語)
「下肢関節テクニック」(Joints of the lower extremity)(スペイン語/ドイツ語、ロシア語)
「上肢関節テクニック」 (Joints of the upper extremity)(ドイツ語)
「AORT自律 整復法」 Autonomous Osteopathi Repositionstechnik
(ドイツ語/スペイン語/ロシア語)
*アメリカの解剖学教科書でおなじみのネッターが、ラファエル先生の「AORT」を翻訳中です。
———————————————————————————————————————————————————————–

———————————————————————————————————————————————————————–
マーゴット・ザイチェックMD.  (Margot Seichek MD.)

『ウィーン スクール オブ オステパシー(Wiener School of Osteopathy)』
共同創立者・医学部門ディレクター。オーストリア生まれ。

内科医。機能性診断(症状を説明する器質的原因が無いか見つからない
疾患)と慢性病のスペシャリスト。西洋医学と代 替医療が統合された、
ホリステックな治療で多くの慢性病患者の改善に貢献している。

医師免許を取得してから30年以上の間、自然療法で患者を診てきた
ベテ ラン医師。

上級フィシオエナジェテックの「物理生体化学物質」クラス講師を20年間担当している。
「必ず生徒全 員がきちんとテクニックを使えるように」という強い意志で授業に望み、
それが生徒にも伝わってきます。細かいところまで指導してくださるだけでなく、
授業 内容の分かりやすさにも定評がある。

趣味はお料理。料理の創作が何より大好き!健康維持の基本は食事という考え方の元、
趣味が高じてウィーン市内で食養生のクラスも不定期に開催している。
———————————————————————————————————————————————————————–

———————————————————————————————————————————————————————–
ライムンド・エンゲルD.O. (Raimund Engel DO)

『ウィーン スクール オブ オステパシー(Wiener School of Osteopathy)』の
共同設立者・総括・副校長。論理的で整然とした教え方で、誰もが理解
しやすいと評判。オステオパシー・ドクターとして、世界的な
ネットワークに関わり積極的に活動している。
オ ステオパシーをはじめとする欧米のボディーワークのみならず、
中国“福州東洋医学大学”にて東洋医学、鍼灸、指圧ワークを修得。

6年間のオステオパシース クールを卒業後、Dr. ジム・ジェラスより
頭蓋オステオパシー(バイオダイナミック)修得。その他、大学院にて多種の技術を取得。
学位論文「Cranial State of Mind」の論題で、“頭蓋オステオパシーは患者の意識状態に
どのような影響を及ぼすか?”について研究やリサーチ活動を行っている。
【資格/認定】
ドクターオブオステオパシー/メディカルマッサージプラクティショナー/1981年より
「コミュニケーション・講演・クリエーティブグループワーク」ト レーナー。1994年より
オーストリア各地とスペイン“マドリッド大学にて「フィシオエナジェテック」を指導。
【協会役員など】
International Forum” and “World Osteopathic Health Organisation (WOHO)
インターナショナル・オステオパシックヘルス組合:オーストリア代表
Osteopathic European Academic Network (OSEAN)
オステオパシー・ヨーロッパアカデミーネットワーク:オーストリア代表
Austrian Register of Osteopaths
オーストリア・オステオパシー公式登録協会会員
American Academy of Osteopathy” (International Affiliate)
米国アカデミーオブオステオパシー会員
———————————————————————————————————————————————————————–

———————————————————————————————————————————————————————–
マティーナ・オバマイヤー DDS  (Martina Obamiyer DDS)

ドイツ在住の歯学博士:歯科医師として、フィシオエナジェティックを
使ったホリスティック歯科治療を長年施している。また、毎月のように
代替医療に携わる歯科医師のためのセミナーの講師を勤めている。

「明日から自分で使える」確立された知識と技術を伝授し、世界中の
ホリスティック歯科医師の指導にあたっている。参加者から、一般歯科
として地に足がついた治療院運営をしてゆくことができるとの評判。
———————————————————————————————————————————————————————–

———————————————————————————————————————————————————————–
大橋康之DDS.   LFHom (dent)   (Yasuyuki Ohashi DDS.

ホリスティック歯科を標榜し、自然療法、エネルギー医学に造詣が深い
歯科医師。ホリスティック歯科治療に、フィシオエナジェティックを
取り入れはじめてから増々人の持つ自然治癒力に敬意を払い日々診療
に勤しんでいる。
分かりやすい説明と日本語での講義は、時間も長くとれご好評いただいている。
身体 構造医学から考えた噛み合わせの研究に勤しみできるだけ自然治癒力
にまかせた歯科矯正療 を行っている。 ドイツのモダンホメオパシーを
臨床に導入。歯周病、外科処置後のケアに目覚しい効果を実感する。日本ホメオパシー医学会
研修コースにてクラシカ ルホメオパシー習得 。

東京歯科大学卒
千葉県松戸市「おおはし歯科クリニック」院長

*日本歯周病学会
* ホメオパシー認定医(LFHom- Dent)
*英国ファカルティーオブホメオパシー会員
*日本ホメオパシー医学会
*日本自律神経免疫治療研究会
*日本ホモトコロジー協会会員
*フィシオエナジェテック協会ジャパン代表
———————————————————————————————————————————————————————–