Close
lock

Account Login

Patient-トリートメントの順番

■□■合わないのではなかった!?■□■

とても良いセラピーだと定評があるのに、自分にはまったく効果がなかった、
という事が起こることがあります。
これはただ単に「合わなかった」で片付けられるものではないことがあります。
「◯◯をやった後なら効果があがる」ということがよくあるのです。

例えば、心理セラピーを受けたけど思う様に効果が上がらなかった人が
いたとします。そういったケースでも、もしかしたら
経絡(けいらく)の気の流れを整える施術を受けたら、感情のセラピーが
うまく効果を上げ始めた、ということもあるかもしれません。

何かがひっかかってるから、この方法がうまく機能しない、ということは
往々にして起こりうるので「私には合わない」「あれは効かない」と
決定してしまうのは、もったいないかもしれません。

例えば、解毒のときにもこういった順番がとても重要になってきます。
体の外に出したい毒素は、いろいろな種類がありますので、その順番を
間違えると、自分の毒に酔ってしまうような症状(頭痛や下痢など)が
出てしまうことがよくあります。
そして「解毒の正しい順番」は、その人の体によって違います。
一人一人の体が違うと同時に、体内に蓄積されている毒素の種類も
量も違うからです。

■□■人によって違う■□■

「ある人にとってはとても効果があった健康法なのに、自分にはまったく
効き目がなかった」「自分には効果があったことも、家族にはダメだった」
など、個人によって身体に変化をもたらす方法が違うことが多々あります。

効果が無いだけなら害にはなりません。時にはブームになっている
良い健康法が、ある人にとっては害になってしまうこともあるのです。

さらに、より気持良くてより健康な身体に改善させるためには、
取り入れ方の順番というものが重要になってきます。
例えば、昔から蓄積されてきた「ストレスの感情」がまだ解決されて
いないのに、ヘビーに解毒プログラムを行ってしまったとします。
その時にもしもその方が耐えられるmaxを振り切っていたとしたら、
毒素が体内から外へ排出されてゆく前に表面に浮上してくる時、
かなり辛い状態になってしまうこともよくあります
(全員ではありません)。

フィシオエナジェティックの検査では、解毒の順序を明白にして、
その身体が耐えられる量の解毒から順番に行ってゆきます。
もちろん解毒だけでなく、辛い症状や体の痛みの緩和も、表面から
一枚一枚タマネギの皮をはいでゆく様に、治療をしてゆきます。

体の痛みであったとしても、ある皮は「経絡(けいらく)の
気の流れが阻害されていたことが原因」だったり、別の皮は
「夫婦間の対立のストレス」であったり、他の皮は
「胃酸が足りなかったから」であったりするかもしれません。

次ぎにむく皮は何か?は、どんなに素晴らしい施術者でもわかりません。
毎回検査してその人の身体に聞いてゆく事で、その答えを得るからです。

その為には、正確に正しく検査してゆく必要があります。
的確な検査によって「内なるドクター」と対話することが大切です。