Close
lock

Account Login

AboutPE-フィシオの歴史

フィシオエナジェティック及びAORT開発者。
ラファエル・ヴァン・アッシェDO.
Raphael Van. Assche DO.

『ウィーン スクール オブ オステパシー
(Wiener School of Osteopathy)』の
創設者でありディレクター(学院長)。

フィシオエナジェティックは、「ラファエル・ヴァン・アッシェDO」
によって開発者された、画期的な代替医療のためのキネシオロジー
テクニック及び治療法です。
人間の身体を全人的にとらえて検査してゆくところから、ホリスティック
・キネシオロジーとも呼ばれてきました。

開発にあたっては、ヴァン・アッシ ェD.O.自らが研究調査した内容だけでなく、
世界各国の同志や巨匠達との共同リサーチの結果や古来 の知恵も組み込まれて
できあがっ たテクニックです。
■Dr. Schacter
■Ellen J. Langer
■Paul Logier (1908~96)
■George Goodheart D.C.
■Dr. Voll
■Alan Beardall D.C. (1938~87)
これらオステオパシー、眼科、カイ ロプラクテック、精神科、経絡、内科、
など様々な専門家との共同研究からこの機械のいらない確実な診査法 が
生まれました。

<ウィーン市内にあるオステオパシースクール>

40年以上前から、実践と研究が繰り返されたこの療法は、30数年前から
スペイン、ドイツ、オーストリア、などの各地でセミナー形式によって
伝えられてきました。

その後、ラファエル・ヴァン・アッシェDOが創業者となって、
オーストリアのウィーン市内に『ウィーン・スクール・オブ・オステオパシー』
というポストグラジュエートの学校を設立。
ウィーンスクールオブオステオパシー』は医師、 歯科医師、獣医師、
理学療法士、針灸師といった、大学を卒業しすでに資格取得している
医療従事者が入学する7年生の学校です。
国家試験を受験しドクターofオステオパシー(D.O.)になるために勉強する
スクールです。

<スクールは、ハプスブルグ家の「シェルブルン宮殿」のすぐそば>

このオステオパシースクールとは別枠で『フィシオエナジェティック協会本部』
がこの地に設立されたのが20年前です。

オーストリアで最も評価が高く質の良いスクールとしての地位が確率され、
さらにセミナー形式で「フィシオエナジェティック」を伝授する地域も
広がってゆきました。
スペイン、ドイツ、オーストリアに加えて、ロシア、チリ、ブラジル、アメリカ、
アルゼンチン、などが加わりそれぞれの国でフィシオエナジェティック協会が
設立されてゆきました。

各国で20年あまり広まってきた「フィシオエナジェティック」ですが、
2004年から、この画期的な療法を日本の医療従事者や治療家および
セラピスト達も受講できるようになりました。

現在、患者様の治療をより深くより効果的にしたい、しかも身体に負担が
ない自然療法を用いて治療したい、という志を持ったプラクティショナー
の先生方が技術習得をされています。